僕は家具を見ていた

僕は家具を見ていた

気がつくともう10年ひとむかし
僕は家具を見ていた

今まで心底名作家具に陶酔したことも、狂喜したこともない
家具を特別好きだと思ったことなんてない
むしろ意識なんかしない
いったいどうして家具屋になったんやろ

本をめくってると
スペインやオランダのさびれた商店の棚に目が止まる
どこかで拾われた椅子に目が止まる
きっと前の主は路地裏のキング
夜しか飛ばないバタフライ
そこに住むひと達とは、上手くやっていけそうな気がする
行ったこともないのにへんな話しやね


十何年前の写真は、僕の目玉の記憶
興味のレコード針

その記憶をたどれば、僕が見ていた物は
家具の置かれた状況なのだと気がついた
これらの家具を使うひと達なのだと気がついた
やっといまさら気がついた

そうすると
すこしマヌケな家具の音楽という屋号
まんざらでもないな

*「家具の音楽」は、2012年6月「デルソル家具店」と社名変更いたしました。


e0097381_7201370.jpg
[PR]

by kaguno-ongaku | 2008-06-10 06:10 | Del sol家具店/プロフィール  

<< 「CHAIRS 2008 家具... 木工家30人展’08 開幕 >>