赤目の蛍

e0097381_0223920.jpg
e0097381_0224916.jpg
e0097381_023240.jpg
e0097381_0231318.jpg
e0097381_0232143.jpg
e0097381_0233263.jpg
e0097381_0234026.jpg
e0097381_0234974.jpg

僕の工場は、赤目にあります。
名張には、カムイ伝を読んだ事ある人には、いろいろ感慨深い地名が、沢山あります。

「赤目」は、カムイの師匠だったと思います。
母子を刺殺するよう、命じられたカムイはためらいます。
カムイはその事がきっかけとなり、抜け忍の身となるのです。
赤目も抜け忍となります。
(理由は忘れました、ははは)

ところで、「名張の五つ」をご存知でしょうか?
カムイ外伝に登場する、カムイを追う忍びです。
カムイの、「なぜ昼間あったときに、襲わなかったのか?」の問いに、
「お互い、少しでも長くこの世にいたいやろ?」みたいな答えでした。
彼も、カムイとの互角の死闘の後、抜け忍の道を選びます。
なんや切ない気持ちになりました。

どうして、彼は「五つ」なのかは、ぜひ原作を読んでください。
(ついでに、カムイ外伝2部にも、再登場されます)
嫁トラに、「五つ生い立ち〜彼の人生さていかに!ベンベン」と、講釈をしたのですが、
とても迷惑そうでした。

世の中は、切ないことだらけですね。


蛍の呼吸を感じたような、蟲とシンクロとかあるのかもしれませんね。
ああ怖い。
[PR]

by kaguno-ongaku | 2009-06-20 00:59 | 夜を日につぎ, blog  

<< カホン 桃栗三年柿八年〜 >>