桐箪笥削り合わせ



e0097381_01570760.jpg
e0097381_01563801.jpg
e0097381_01555063.jpg



e0097381_01552029.jpg
e0097381_01551112.jpg
桐箪笥、和箪笥は防虫のためもあり抽き出しの密閉性が必須。
ですが、押してもひいてもって感じになると困ります。
この箪笥も一冬様子をみたうえで、削り合わせになりました。
普通の抽き出しは、側板を表使いにします。
湿度でふくれても支障がないようにです。
この箪笥は、、、裏使いでしたそらこうなる。
やりすぎないように、側面も削りました。
それでも一カ所閉じると別のところが開く、
開くと閉じるの桐箪笥のおちゃめさは残しておきました。

これはこれで防虫剤イラズなのですから、昔の道理にはかなっています。
気軽に調整を頼める、職人がいないのが問題なのかもしれませんね。

たまの桐のしごとには、専用の寝かした仕込みの一枚長台鉋が重宝します。
でばんですよ君









[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-14 02:11 | 夜を日につぎ, blog  

記念写真

e0097381_03342885.jpg
こんな置物で喜んでくれるのはあとどのくらいだろう。


[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-01 03:36 | シナトラ写真館  

山桜ブックマッチ/カシュー摺漆塗装

e0097381_03245343.jpg
手間はかかるし、時間はかかるし、塗料もたくさんつかうのが摺漆塗装。
でも山桜の木味を引き出すには最適かもしれませんね。
ブックマッチの木取りもうまくいきました。
お客さんの持ち込み材の乾燥から、ゆっくり詰めてきたかいがありました。







[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-01 03:32 | 家具の音楽な仕事、works  

New Dope Cajon


e0097381_21200002.jpg

e0097381_21164143.jpg


e0097381_21195293.jpg



e0097381_21163092.jpg
e0097381_21223576.jpg
e0097381_21162268.jpg

New Dope Cajon 
size w300×d500×h436
Color, Dope Gray & Lucha Blue
42,000円(税別)

シェル、打面のウレタン塗装、打面エッジ部の加工により、
Pre Dopeより芯の太いキャラクターになっています。
その分しっかりと叩く必要はありますが、けっして鳴らしにくいのではなく、
Dope Cajonの特徴である素直さにかわりなくプレイヤーに応えてくれる太鼓です。
サウンドホール位置、Standard, Low typeより選択。

その他、オーダーにて対応いたします。
ご相談ください。














[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-30 21:53 | DopeCajon Percussion  

ラタン/スティールチェア リフォーム

e0097381_22124872.jpg

e0097381_22103835.jpg
e0097381_22105261.jpg

40年前のラタンチェアからのウレタンレザー張り替え
すこしミッドセンチュリーに近づけたかしら?








[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-25 22:15 | 家具の音楽なRe.Re,Re  

大きいテーブルは現場組み

e0097381_22053020.jpg

なので、完成した姿をじっくりみることは皆無です。





[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-25 22:06 | 夜を日につぎ, blog  

成形合板

e0097381_01022936.jpg
e0097381_01023917.jpg
e0097381_01025761.jpg
e0097381_01031626.jpg


椅子の座面にもいろいろありますが、ダイニングチェアの場合、多くは合板です。
今回はラタンチェアからの張り替えなので、新たに成形合板で制作です。
座面の前と後ろでアールが違うのもよくあること。そのたびにプレス型をつくるのでは間に合いません。そんなとき重宝するのが、くさびを利用したプレスです。
くさびの送りさえきちんと調整すれば、3Dの曲げベニヤ成形完了です。
どんな仕事でも長くやってると、いろんなことを思いつくものですね。

e0097381_01052601.jpg
背板を一枚多く作って、お気に入りのレザーでドラムスローン用の座面をこさえました。
明日からちょっとリッチな感じ。
















[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-18 01:15 | 夜を日につぎ, blog  

天使の太鼓 tamboriles/piano、repique、chico

e0097381_03150317.jpg
e0097381_03203321.jpg


e0097381_03165174.jpg

e0097381_03183041.jpg


e0097381_03143474.jpg
e0097381_03091621.jpg
e0097381_03144328.jpg
e0097381_03094476.jpg
尊敬するパーカッショニスト八尋知洋さんから、南米ウルグアイのカンドンベの太鼓をお預かりしました。
皮もですが、胴のダメージが多く、リペアか新たに制作か考えどころ。
DOS ORIENTALES featuring REY TAMBORツアーは秋か、、、。
ともかく急がず慌てず、
じっくり観察してこうあるべきという判断したいと思います。

今年はいろんな越えるべき仕事があります。
クリアーしたい、最善をつくします。












[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-14 03:30 | DopeCajon Percussion  

スティール萌え

e0097381_02323625.jpg
e0097381_02321523.jpg
地味に萌えますさびとり





[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-14 02:33 | 夜を日につぎ, blog  

削る

e0097381_02061554.jpg
刃といでけずる、桜きもちいい







[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-04-14 02:08 | シナトラ写真館