Walnut Table

e0097381_08081754.jpg
e0097381_08094478.jpg



e0097381_08080976.jpg
e0097381_08080186.jpg
ウォルナットのダイニングテーブル、プランニング
大きな1×2mサイズですが、サイド10cmの曲線を描くことで、空間にゆるやかさがにじみます
椅子もふくめ、珍しくDelsolらしさが素直にでたデザインかも知れません









[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-06-29 08:20 | 家具の音楽なRe.Re,Re  

the Sicilian Table

e0097381_07441604.jpg
e0097381_07440684.jpg
e0097381_07435627.jpg

いったことない国のことをイメージしながらつくる家具。
シチリア料理家さんのテーブルをプランニング、
こんなとき糧になるのがあほほど観てきたcinema。
今をどう選択するのか?
それによっては無駄というのもないのかも知れません。
size w1800×d1100×h720のオーダーの醍醐味です。

*)ちなみに材はケヤキを使います。
国産和家具材の王様w
この難しいせんたくに勇者の気持ちで挑戦です。







[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-06-29 07:55 | 夜を日につぎ, blog  

太鼓と木取り

e0097381_04485822.jpg
ジェンベなんかのくりぬき胴の太鼓の木取りですが、
写真みたいに板目の場合、どうしても楕円にゆがんできます。
それが欠点なのかというとそうでもない。
山羊皮などの背入りの皮はそっちに引っ張る力がつよい。
おたがいの欠点をカバーし合うように張り込みます。
素材をいかすこと大切ですね。





[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-06-05 04:54 | DopeCajon Percussion  

リング調整

e0097381_18104117.jpg
溶接前

e0097381_18104918.jpg
溶接調整後

ジェンベの張り替えにあわせて、リングを適正なサイズに溶接します。
流通してるままのジェンベは広すぎるものがおおいですね。
好みもありますけど、おなじ太鼓でもがらりとカラーがかわります。
気になってるかたは機会をみてお試しあれ。



[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-06-03 18:21 | DopeCajon Percussion  

tamboriles in Iga

e0097381_21134148.jpg
あと一息、青色吐息







[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-28 21:21 | シナトラ写真館  

teakが大好き

e0097381_20572247.jpg
家具材でなにがいちばん好きですかって聞かれるとteak
シリカ含むし、目詰まりするし、サンディングは泥のようだし
加工中いいことひとつもないけど終わりよし

teak♡teak






[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-28 21:00 | シナトラ写真館  

零式Popo輪車

e0097381_20363455.jpg
e0097381_20370267.jpg
e0097381_20383119.jpg
e0097381_20385693.jpg
長男から次男へ贈呈された、初代Popo輪車がハンドル大破
10何年よくがんばったね
暇を出そうかと思ったけど次男の要望で修理
復活の朝、子の笑顔に存在意義をみる
もうすこしがんばろうな









[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-28 20:46 | 夜を日につぎ, blog  

kora stand



e0097381_21082733.jpg
e0097381_21085671.jpg
e0097381_21084749.jpg
e0097381_21083664.jpg
e0097381_21360069.jpg
西アフリカのグリオの弦楽器/コラ専用スタンド
注文品も面白いし、注文した方もおもしろい








[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-20 21:13 | DopeCajon Percussion  

桐箪笥削り合わせ



e0097381_01570760.jpg
e0097381_01563801.jpg
e0097381_01555063.jpg



e0097381_01552029.jpg
e0097381_01551112.jpg
桐箪笥、和箪笥は防虫のためもあり抽き出しの密閉性が必須。
ですが、押してもひいてもって感じになると困ります。
この箪笥も一冬様子をみたうえで、削り合わせになりました。
普通の抽き出しは、側板を表使いにします。
湿度でふくれても支障がないようにです。
この箪笥は、、、裏使いでしたそらこうなる。
やりすぎないように、側面も削りました。
それでも一カ所閉じると別のところが開く、
開くと閉じるの桐箪笥のおちゃめさは残しておきました。

これはこれで防虫剤イラズなのですから、昔の道理にはかなっています。
気軽に調整を頼める、職人がいないのが問題なのかもしれませんね。

たまの桐のしごとには、専用の寝かした仕込みの一枚長台鉋が重宝します。
でばんですよ君









[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-14 02:11 | 夜を日につぎ, blog  

記念写真

e0097381_03342885.jpg
こんな置物で喜んでくれるのはあとどのくらいだろう。


[PR]

# by kaguno-ongaku | 2015-05-01 03:36 | シナトラ写真館