デルソル工作室「夏カホンをつくれ!」

e0097381_9112538.jpg
e0097381_911222.jpg
e0097381_993044.jpg
e0097381_1382439.jpg

e0097381_913245.jpg
暑い熱い夏にはタイコが一番、デンワは二番。
ワークショップのお知らせです。

今回は気合いも入ってペルー式とキューバ式の2タイプ。
膝で挟んで叩くアフロキューバンカホンは、ちょっと珍しいかも?
ルンベーロ気取ってオールドルンバもよし、ジャンベスタイルでも楽しめます。

ペルー式は打面に2寸勾配をつけて、叩きやすいフォーム。
奥行き450mmで、ベイスカホン並みに低域を確保。
弦はお好みでセットできます。

今回の胴は地松集成材20mm、打面フィンランドバーチ2.5mm5p
箱(カホン)らしい鳴りは松ならではです。
そもそも自分で作るのが正解カホン。
台数限定ですので、お電話にて申し込みお願いします!



日時 8月25,26日(土日)10時〜16時
   ご都合の良いスケジュールでどうぞ。1台6時間ほどあれば完成します。
   1日で仕上げるもよし、二日でのんびりもOK牧場。

場所 名張市武道交流館いきいき 工芸室
   〒518-0753 三重県名張市蔵持町里2928

参加材料費 ペルー式カホン 1万円、キューバ式カホン 6千円

定員 ペルー式5台、キューバ式6台 (要申し込み)
*)ペルー式カホンは定員となりました。ありがとうございます。
キューバ式はまだ余裕がございますので、どうぞよろしく。

ご持参いただくもの
 かなづち(釘を使います)、タオル、マスク、汚れてもよい服装(エプロンやTシャツでOK)

参加申し込み/お問い合わせは、090-1863-2612 デルソル家具店/名嘉眞(ナカマ)まで



*)今月から不定期ではありますが、デルソル工作室を始めます。
木工教室とかではなくて、工作員(参加者)のこんなんどうでしょう?を、
皆でかたちにする怪しい工作室。当日の見学大歓迎です、遊びにきてね。

電撃サンダーボルト、9月は極秘指令「木のキッチンをつくれ!」です。
準備が出来次第お知らせしますねラジャー!
[PR]

by kaguno-ongaku | 2012-08-15 23:50 | お知らせ等、news  

<< ライティングビューロー ロケットをつくる夏 >>