複眼的「機能する椅子、道具としての家具」

先日のファニコネ展、11日の閉場後に、テクノエイドスペース/森下代表を講師に、
関係者によるかなりマニアックな、「ura 座るセミナー」を開催しました。
参照)以前開催の「木の仕事の会/座るセミナー」

本来は主催者として、総括を先にすべきかも知れませんが、
出展者でもあることを考えると、ある程度時間を置いた方が、
客観的に見えてくることもあるでしょう。
ですので複眼的に、少しその方向から考えてみたいと思います。
e0097381_2424941.jpg
出展 家具の音楽/デスクチェア

森下先生には、普段から様々な面でご助言いただいています。
また、この展覧会企画にともない、
少なからず先生の教えから、影響を受けていることは明白です。
ですので特に私に取っては、今回は実施編としての側面がありますね。
今まで、実際の生活での使用状況を考え、お客さんの指定でない限り、
ウレタンによる張りを主に採用してきましたが、今回は削り出しの椅子。
しかも少々特異な機能を要求されるデスクチェアです。
e0097381_2282241.jpg

道具としての良い椅子の必須条件 
      → 目的に応じた姿勢、座位保持に必要な機能を満たす事。

使用目的のはっきりとした椅子を選択する事で、
機能、設計の明確化が行えると踏みました。
そうしたポイントを曖昧にすませないためにも、
私に取って今回の削り出し成形は必然でした。
それはデスクチェアの本来の目的と、そのための機能にも合致したものです。
数時間にわたる特定の姿勢でのデスクワーク、
その姿勢による腰と体の負担軽滅に優先にされるべきは、
クッション性、快適性ではなく、急所を押さえた各部形状、
角度構成、面による座位保持との考えです。
(もちろん +座面深さ、高さ)

e0097381_2515657.jpg


もちろん目的により、優先順位はあるかと思いますが、
椅子として、最低限そこをないがしろにしては、
他のどんなすばらしい設計、デザインも機能しない部分があります。
ターミネーターでない私たちには、
そういう道具として「機能する椅子」が必要に思われたからです。
それこそが今回の展覧会のタイトル、テーマでもあります。

展覧会の会期中、様々な方々の座り方をじっくり観察できました。
感じた事は、椅子がどうこう以前の、
腰を引いて「座る」ことが出来ない方がとても多いことです。
そうした方は、どの椅子に座られてもそうした姿勢をされる傾向がありました。
どちらかと言うと、「腰掛ける」なのでしょうか?
いや、背面が無ければ、逆にちゃんと腰を引いて座るのかも知れません。
サドルスツールなどは、その良い回答だと思います。

そこで感じたのが、座面アンカーポイントの有用性です。
それが設計上にあるかないかの違いは、数mmの数値以上に大きいかもしれません。
特に板座で、使用時に前傾姿勢にウエイトをおくデスクチェアでは明かです。

とは言うものの、私自身、理論尽くめでそうした訳ではありません。
座ってみて、必然的にその位置に必要と感じたものです。
(レカロ、アーロン等、デスクチェア、エグゼクティブチェアのように、
背と座の連動式傾斜機能を持たない場合、当然でしょう)
これは肩甲骨の動きを妨げない様、背板上部幅を狭めに設計したことにも言えます。
偉そうに聞こえるかも知れませんが、手で考える職人の強みはここだと思います。
それをよりいっそう確固たるものにするのが、学術的理論、データの採用だと。
つまるところ、職人、研究者どちらも人を見るべきなのでしょう。

e0097381_235882.jpg





なんだか固い話になりましたね。
もう少し。
道具を作る側において心すべきは、理論や個性のお仕着せは、
機能もデザインも不快さに繋がるということです。
芸術や仕事ならともかく、毎日の生活のなかでは目障りで、
窮屈な屁理屈でしかありません。
カスタムメイドファニチャーなら、尚更でしょう。
道具としての別注家具の理想は、そうした理論や理屈を感じさせずに、
注文主の要望、目的に対し相応のデザイン、
当たり前の機能を満たす事ではないかと思います。

さて今回のデスクチェア、
来場者、森下先生にも、そこそこの合格点をいただけたようです。
特に座(アンカー部)と背(ランバーサポート部)の当たりと、
可動式アームは、その目的と機能がわかり易く、好評でした。
ではそのショーモデルをどう市販車にフィードバックするか、、。
これがメーカーでも、工房でも、もっとも難しく困難なことだと思います。
私思うのですが、椅子で一番難しいのはダイニングチェアではないでしょうか?
特に日本において、コスト的にも、デザイン的にも、
使用状況的にも、目的の多様性とそのための機能面でも、、。
そうしたすべての要求を満たすものは、不可能にさえ思えます。
(だってそれってナンデモ椅子でしょ、、助けてドラえもん)

フィードバックさせやすいのは、マイチェアとして設計できるイージーチェアでしょうね。

今回の展覧会では、出展者各位が、私のわがままな主旨に賛同いただき、
それぞれのアプローチで、出展いただきました。
会場でのアンケートを読む限り、その主旨は、
ご観覧いただいた皆さんにご理解いただけたようです。
何が出来て、何が力及ばなかったのか?
個々に持ち帰り、仕事に戻るべきでしょう。

注文をさらっとやってのける事が、職人のかっこよさです。
その日まで、せいぜい屁理屈たれて精進いたします。

では皆さまアディオス、ごきげんようバイナラ。

e0097381_2204343.jpg


*ファニコネは、定期的に開催するグループ展でも、特定のメンバーでもありません。
それが必要とされれば、必然的に協力を求め、開催する種のものです。
次回は作り手だけでなく、そこからインテリアをキーワードに、
重力の軌道内での企画力のひろがりにも期待しています。
よりコアな企画かもしれませんし、無重力脱力系かもしれません。
乞うご期待。
e0097381_235304.jpg
e0097381_236283.jpg
e0097381_2364940.jpg
e0097381_24718100.jpg
e0097381_2472986.jpg

[PR]

by kaguno-ongaku | 2009-10-18 01:12 | 個展/展覧会/展示会  

<< 俺はボーリングマン 機能すること、共有すること >>